OOZX

サスティナビリティ

People(人間)

多様な働き方の許容と健康的な職場環境の提供

当社では、社員個人の成長が会社の成長につながるという考えの下、風通しの良い職場環境を醸成し、個々が心身ともに健康な状態で活躍できるよう、様々な教育、福利厚生制度の整備を行っております。

ダイバーシティの推進

ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と受容)推進の考え方

激変する事業環境において、フジオーゼックスが将来にわたって成長し続け、また、少子高齢化が進む中、優秀な人材を継続的に確保するために多様な人材が年齢、性別、国籍、宗教、障がいの有無などの差別なく持てる能力を存分に発揮できる環境であることが重要と考えております。

【正社員の中途採用比率】
2018年度 2019年度 2020年度
事務技術職 41.7% 40.0% 25.0%
技能職 19.6% 41.7% 0.0%

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

ダイバーシティ&インクルージョンの推進において女性社員の更なる活躍は重要なテーマの一つであり、当社では「女性活躍推進法」が制定されて以降、新たな行動計画を策定し、これに基づき女性採用の強化や就労環境の整備等の活動を推進してまいりました。

女性社員の活躍推進

【女性採用比率】

2020年度
事務技術職 技能職
25.0% 31.8%

【男女の平均勤続年数の差異】

2021年度3月末
男性社員 女性社員
16.5年 7.0年

女性活躍推進 行動計画

計画期間 2022年4月1日~2026年3月31日(4年間)
当社の課題 ①正社員における女性比率が低い
②役員および管理・監督職における女性比率が低い
目標 ①正社員における女性比率の向上
(OOZX単体:8.6%⇒11%、グループ全体:18.6%⇒21%)
②管理職および次世代の管理職候補(係長等)における女性比率の向上
(OOZX単体:2.6% ⇒6%、グループ全体:14.5%⇒21%)
取組時期、取組内容 2022年 職場環境に関する聴き取りと改善の実施
2022年~2023年 女性管理・監督職候補者を対象としたマネジメント研修の実施
2022年~2025年 女性、外国人の役員・管理職候補者の人材調査実施と採用の検討

障がい者雇用と環境の整備

当社では障害を持つ方も多く働いています。バリアフリー化など、皆が働き易い環境の整備を進めていきます。

【当社の障がい者雇用率】
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
障がい者雇用率 1.8% 1.8% 2.0% 2.2% 2.0%
法定雇用率 2.0% 2.0% 2.2% 2.2% 2.2%

多様な働き方の許容

仕事と子育ての両立支援

当社は小さい子を持つ社員が安心して仕事ができるような環境づくりを行います。

【育児休業取得率】

2020年度
男性社員 女性社員
4.3% 100.0%
【育児に関する社内制度】
産前・産後休業 産前6週間、産後8週間休暇を取ることができます
育児休業 生後1年6か月未満に満たないお子様を持つ従業員1人につき、1年間の休業を取ることができます
育児短時間勤務 お子さんが小学校3年生の年度末まで、1日2時間まで勤務時間を短縮することができます
子の看病休暇 小学校3年生までのお子さんに病気や怪我のために看護が必要な場合に年次休暇とは別に、お子さん一人なら年間5日迄、2人以上なら年間10日(時間単位で始業時刻から連続又は就業時刻まで連続して)休暇を取ることができます

従業員のヘルスケア推進

従業員の健康づくり推進

当社は小さい子を持つ社員が安心して仕事ができるような環境づくりを行います。

フィジカル ・適切な運動(スポーツジムとの法人契約、ウォーキングイベントの開催)
・適切な食事(食堂メニューのカロリー表示、ヘルシーメニューの提供)
メンタル ・メンタルヘルスカウンセリングの実施

グローバル人材の育成

海外トレーニー制度の導入

当社は海外に生産拠点が3ヶ所あり、海外の自動車メーカーにも製品供給を行っております。世界を舞台に活躍できる人材を育成するべく人事・教育制度の充実を図っております。

People(人間)の活動報告

 

OOZX

サスティナビリティ