研究開発体制

技術情報

技術情報

 

研究開発開発は技術本部が統括する研究センター、CS推進、エンジニアリング、技術開発の4セクションを中心に行われています。研究センターは、受託開発や先行開発、機能評価を担い、CS推進は顧客との窓口になって応用開発や新たな需要の掘り起こしに従事。エンジニアリングは、生産設備開発を手がけ、技術開発は新たな生産プロセスや工法について改善や開発を進めます。4つのセクションは連携稼働しており、それが品質の向上、コストダウンといった課題の解決につながっているのです。

製品開発

製品開発弊社では自動車用だけでなく、二輪や船舶などのエンジンバルブも開発・製造しています。このように、多彩な領域に参入しているため、ノウハウが応用展開でき、必然的に開発力が高まって、高難度の開発案件を依頼された場合でも対応できるのです。メーカーとして開発力に長けているということは、お客さまから強力なパートナーとして認識されます。現在、自動車業界については、国内自動車メーカーの大多数をカバーするまでに信頼感を高めました。

製造体制

製造体制開発された製品がどれだけ画期的でも、つくることができなければお客さまへの提供は不可能。そこで弊社では生産プロセスや工法、生産設備についても常に改善や開発が行われてきました。実際に製品をつくる製造現場においても、日頃からより生産しやすい諸条件が模索され、技術開発セクションに改善案が提出されています。製造業の最前線である現場に、「いいものをつくる」という上昇志向の意識が根付いているからこそ、改善意識も高まっているのです。

検査(テスト)

最新の燃焼解析や温度測定、耐久試験など、製品の機能評価を行う新しい試験センターが2016年夏に完成。これまで以上に緻密な試験を行える環境が整いました。ここで抽出された各データは製品提案型ビジネスの拡大に生かされると同時に、欧米自動車メーカーへのアプローチにも大きく貢献し、さらに、海外子会社の生産品の信頼性向上にも役立てられます。開発力強化においてまた一歩大きなステップを刻みました。

PAGETOP
Copyright © OOZX FUJIOOZX Inc. All Rights Reserved.