工場紹介

技術情報

アジア圏最大級の生産量。
材料や設備開発、生産プロセスの検討など、
良品を作るための努力は惜しまない。

エンジンの高機能化を支えるために、素材の提案から完成品までを一貫して管理。設備に関しても、生産現場がより効率的に業務に取り組めるよう、自社で設計しています。また、難削材の鍛造、精密研削といった工法における独自技術を開発して業界をリード。適切な生産プロセスも追求することで品質も安定させることができました。なお、本社工場と藤沢工場を合わせた生産量としては、アジア圏でも最大級を誇ります。

中空バルブ製造工程

中空バルブ製造工程

中空バルブ製造工程

鍛造工程には、熱間成形機、矯正機、プラズマパウダー溶接機などを設置。機械工程にはセンタレスグラインダー、自社設計のMUG研削盤や自動計測機など、寸法や形状の精度に徹底してこだわり、リークテスターによる全数検査を実施し、お客様に満足して頂けるモノづくりに努めています。

 

2拠点体制による効率化の実現

本社工場では中空バルブをはじめとする主力製品を生産し、藤沢工場ではトラックや舶用などのエンジンバルブのほか、関連部品を生産。拠点ごとに製造品目を分散させることで、あらゆる面において効率化が実現しました。2拠点体制による効率化の実現

 

PAGETOP
Copyright © OOZX FUJIOOZX Inc. All Rights Reserved.