コーポレートガバナンス

企業情報

OOZXコンプライアンスガイドライン制定のご案内について

企業として求められる社会的責任を果たしていく上で、「経営理念」に則り社会に信頼され、貢献し、認知される企業の実現に向けた取組みをさらに推し進めるために、「OOZXコンプライアンスガイライン」を以下のように制定致しました。
経営者をはじめ社員全員にコンプライアンス遵守の意識高揚と浸透のために、これらを教育し、周知徹底を図ってまいります。

コンプライアンスガイドライン

  1. 法令・社内ル-ルを遵守し公正、透明、自由な競争をし、かつ適正な取引を行なう。
  2. お客様の要求する製品・技術・サ-ビスを安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮して開発、提供し、お客様の満足と信頼を獲得する。
  3. 地球環境保全が人類共通の最重要課題であることを認識し、環境負荷の低減に努め、社会及び地域の環境保全に貢献する。
  4. 株主ならびに社会とのきめ細やかなコミュニケ-ションに努め、企業情報については、広く積極的に、また、公正に開示する。
  5. グロ-バルな事業展開・協業活動、技術援助契約においては、現地の法律の遵守はもとより、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献する経営に務める。
  6. 従業員の人間・人格、個性を尊重・重視するとともに、全員で築く安全で快適な職場 作りをする。
  7. 経営者層は、コンプライアンスガイドラインの実践が自らの使命であることを認識し、率先垂範し社内に徹底するとともにグル-プ企業や取引先に周知徹底させる。

コーポレートガバナンス

当社では、経営の透明性、効率性向上とコンプライアンス遵守の経営を徹底するため、コーポレート・ガバナンスの充実を図りながら、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制を構築することを重要な施策と位置付けたうえで改革を実施しております。具体的には、下記のような内部統制システムの整備、運用を実施しております。

・内部統制システムの整備及び運用の状況

  1. コンプライアンス体制に係る規程を制定し、取締役・使用人が法令・定款及び当社の基本方針を遵守した行動をとるための「経営理念」を定め、代表取締役が繰り返しその精神を取締役・使用人に伝えることにより、倫理をもって行動し、法令遵守をあらゆる企業活動の前提とすることを徹底しております。
  2. 代表取締役社長を委員長とする「CSR委員会」を設置し、取締役・使用人が経営理念に従い、フジオーゼックス企業人としての公正・正当・妥当な行動を遵守するよう啓蒙、監査、改善是正を継続しております。
  3. 「CSR委員会」の下部組織として「リスクマネジメント委員会」を設置し、全社のコンプライアンスの取り組みを横断的に統括することとし、誠実性および倫理観に対する具体的な行動・判断のよりどころとして「行動基準」及び「コンプライアンス ガイドライン」を制定し、取締役は率先垂範し社内に徹底するとともに、全社員自ら行動実践できるようにコンプライアンス教育を行っております。
  4. 監査室は、「CSR委員会」、「リスクマネジメント委員会」と連携を取っております。これらの活動は定期的に取締役会および監査役会に報告されております。
  5. 外部との電子メールについてはモニタリングを実施しております。また、法令・定款上疑義のある行為等について使用人が直接情報提供・相談を行なう手段として、ホットラインを設置するとともに当該使用人に不利益な扱いを行わない旨等を規程する「内部通報制度規程」を制定し、グループ会社を含め適用しております。
  6. 財務報告の信頼性と業務の有効性・効率性を確保する体制について当社及びグループ会社は、金融商品取引法の定めに従い、良好な統制環境を保持しつつ、全社的な内部統制及び各業務プロセスの統制活動を強化し、その適正性かつ有効性の評価ができるように、代表取締役社長を委員長とする「内部統制委員会」を設置し、財務報告の信頼性維持及び向上を図ります。

>>【業務執行・監査及び内部統制の仕組み】

PAGETOP
Copyright © OOZX FUJIOOZX Inc. All Rights Reserved.